ビフォー・アライビング・アット・ザ・ターミナル 感想

ビフォアラが大好きでして、長文オタク語りしたくなったので書きます。

 

「ビフォー・アライビング・アット・ザ・ターミナル」は、人工クラゲさんの作品です。

ある街を舞台に、主人公が幼い頃体験してきた心霊話を回想していきます。ホラーノベルと銘打ってますが、びっくりというよりは意味が分かるとゾッとする系、そんな路線でした。

回想を繰り返すうちに、徐々に隠された真実が…といったお話です。中盤くらいまでは怖いお話集として楽しめ、後半、特に終盤になるとぼくの大好きな展開だったので、わりと思い返してはぺらぺらページを捲ったりしてます。

 

この辺からネタバレ

 

 

 

 

 

まず触れたいのがPrhyzmicaさんの音楽なんですが、本編のBGM、挿入歌、ED曲の全てがPrhyzmicaさんの音楽です。これがビフォアラの雰囲気と異様にマッチしていて、書き下ろしたのか?と疑うほど。

ボーカルの歌詞もまるで本編で、「スペクタキュラー」「ユビサキ」は魚住さんの心理描写だと思ってるし、わりと最近気づいたのが、「ルル」はシュウに対する根津先輩の気持ちになってるんだよね。

f:id:Nanamu:20200611181425j:plain

根津先輩の出番は少なめで、推測が多めになりますが…

先輩はわりとシュウくんに好意を寄せてたと思います。”彼女”が先輩から相談を受けていたらしき1文もあるし、このシーンでも「今」はっきり好きだと言ってます。

でも、あくまでシュウくんの目的はオカルトで、先輩に近づいたのは手段でしかなかったんじゃないかなーと思います。終盤、「なんとかいう先輩」とか言われてたのは流石に不憫で泣いた。

そんな一方通行な根津先輩の想いを綴ったのが、この「ルル」って曲だと(勝手に)思ってます。聴いてるとなかなか切なくなります。

 

歌詞の偶然の一致については製作者の山科さんも最近ブログで語っていらして、ほんとうに同じことを思ってたので謎に興奮しました(?

 https://jnc-klg.hatenablog.com/entry/2020/03/07/181027

 

彼女の遺言が録音されたカセットテープが流れるシーン。ここが狂おしいほど好き。

f:id:Nanamu:20200611164411j:plain

死ぬ間際に、「そんなの残しても意味があるなんて思えない」と一蹴してしまうのか…とひっくり返りました。

ここで未練なんて零してしまえば、主人公とシュウくんの心に刺さったまま抜けなくなると思うし、それは今, これからを生きる者にとっては呪いでしかないのかなーとも思う。

ナルキッソスのエピローグで、セツミのお母さんが「たまに思い出すくらいで丁度良いのかもしれない…」と零す場面がありますが、それに近い雰囲気を感じました。

あえてこれからへの言葉を残さず、これまでの思い出を語った彼女の遺言は、見送る者にとってはこれ以上ないエールかもしれないですね。

 

そんな彼女の想いも、忘れてしまっては何も残らないと思います。

f:id:Nanamu:20200611171310j:plain

忘れたい記憶なんて生きていれば山ほど積もってきますし、忘れるのも1つの選択だと思います。「雨の日」の片岡教授や、当時はそのやり方に疑問をもっていた魚住さんも記憶を上書きしようとしてましたね。

でもねーこねこソフトのオタクとしては、積み重ねを否定することはしたくないし、楽しかったことも、忘れたいことも、全てひっくるめて今の現実があるわけなので、それをやり直したり、修正するのはあまり好きじゃないです。

f:id:Nanamu:20200611175859j:plain

彼女を忘れることは、もう一度彼女を殺してるようなもんにも思えます。というか、彼女の存在自体を消してしまうのでもっと酷いかも。

彼が覚えてる限り、彼女は、彼女の思い出は彼の中で生き続けるという解釈。「ルリのかさね」で言う「習ね」の考え。

「If we should meet again」も相まって、前向きな印象を受けるEPが良かったですね。手をふる少女、あえて誰かは語るまいって感じですが、そんなのも印象深い終わり方でした。読後感は非常に爽やか。

 

まとめると、やっぱり一番覚えてるのはラストのシーンで、これは定期的に読み返すくらいに好きです。筑波を舞台にした作品の雰囲気、Prhyzmicaさんの音楽もとても良かった。

筑波の近くで育った身としては、あの街に対して持っていた特殊な感情も好きになった理由かなぁと思ったりします。物心つく前からあの辺には行ってた記憶があるし、学園都市らへんの近未来的な町並みは、憧れのようなものがあったと思う。

そんな自身の体験もあって、印象に残った作品であります。家から近いし、いつか聖地巡礼したいなーとも思ってます。

 



 

さくらにかげつを広めたい

 「さくらにかげつ」というエロゲをご存知ですか?

さくらにかげつ

さくらにかげつ

  • 出版社/メーカー: オレンジエール
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: DVD-ROM
 

 

 新しいわりにあまり知られていない印象を受けますが、どうでしょうか。ぼく自身もフォロワーさんがプレイされてるのを見て知ったので、ご多分に漏れずといったところです。

 そんなマイナーな?さくらにかげつですが、良い作品なので多くの人にプレイしてほしいなーと思ってこんな記事を書きました。

※毎度のことながら、些細なネタバレも気になるって方はブラウザバック推奨です※

 

 「さくらにかげつ」を簡単に紹介すると、ぽんこつヒロイン達と仲良く共同生活をおくる話です。

…さすがに端折りすぎな気もしましたが、おおむねこんな印象でした。

ぽんこつ達との生活が気に入れば、とても良い作品になると思います。後半になるとまた毛色が変わってきますが、この共通パートこそ「さくらにかげつ」の真髄だ!と中の人は信じています(※個人の感想

 

 そもそも「ぽんこつ」ってなんぞや?って話ですが、一言で言えばダメダメな娘っ子です。

料理ダメ、世間知らず…などの基本形から、お風呂に一人で入れない学校から帰れないなど、人によってはドン引いてしまいそうな高度なぽんこつもまた、この作品の持ち味です。

4人のヒロイン達もそれぞれ魅力があって、いずれもレベルの高いぽんこつ娘なので、ぽんこつ好きには強くおすすめしたい作品ですね

 

 そして「家族」です。

 ひょんなことからヒロイン4人との共同生活を送ることになりますが、彼女達と一緒にお風呂に入ったり身体を洗ったりと、わりと好き放題します。

 

f:id:Nanamu:20191113005302j:plain

 

ヒロインが簡単に体を許すことに対する疑問は当然ですがここでは置いておいて…。

印象的なのは、エッチなことやり放題でもセックスまではしないことです。

もちろんこれにも理由はありますが、ともかく、少しエッチでプラトニックな?ヒロイン達との奇妙な共同生活を楽しめるのが、この作品最大の魅力だと思います。

 

f:id:Nanamu:20191121230347j:plain

 

…このCGにヒロインと主人公の関係性がよく現れていると思います。基本的にはこんな雰囲気です。ぼくが興味を持ったきっかけもこのCGでした。

一線を越えない男女の関係が好きなので、「一緒に飯食って、一緒に風呂入って、あとは一緒に寝れば家族だ」という主人公の大胆な発言を体現したような本作は、とても好みでした。

 

 余談ですが、「さくらにかげつ」を制作されたオレンジエールさんの処女作に「この世界の向こうで」があるんですが、さくらにかげつとも繋がりの深い作品なので、先にプレイしておくことをお勧めします。

…これを言うとプレイ意欲がガクッと落ちそうですが、本作ともつながりの深い作品なので、意外と重要だと思います。

もちろん、未プレイでも十分楽しめると思うので、今度近所のエロゲー屋さんへ行くときなど、お手にとってみてはいかがでしょうか。

この世界の向こうで

この世界の向こうで

  • 出版社/メーカー: オレンジエール
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: DVD-ROM
 

天気の子 感想

 個人的には前作よりもかなり楽しめまして、満足度は高いらしいです。

 

 粗というか物足りなさがあるのも事実ですが、純粋に「大人と子供」ってテーマを書いた作品として楽しめたので良かったです。

 例えばそれは、保身のために主人公を追い出した須賀さんと、後先考えず、今に全てを賭けられる主人公との対比によく表れていたかと。
 この主人公の青臭さってのは、恐らく生きてる内のある時点で失われてしまうもので…それを取り戻すことは難しいんだと思います。これは少年少女の特権で、だからこそ、オッサンの目には彼らは輝いて見えるし、かつての自分を重ねてしまったりするかもしれない。この瑞々しい青春が見られただけで得るものはあったと思えます。


 そんな、かつての熱を失ってしまった須賀さんも、主人公の叫びを受け取って彼を助けるシーンは胸熱だったし、後先考えないアホな行動に見えなくもないんだけど、若さってそーゆーもんだと思うし。

 例えば、ぼっちだったすみれちゃん(※『すみれ』に登場するヒロイン)がクラスメイトにガツンと一言言い返したように、「生きづらさ」に対する反撃のような演出は個人的に好きだったし、その後すみれちゃんが除々にクラスへ馴染んでいったように、須賀さんも新しく起業して娘とも上手くやってるようで良かった。

 上手く行き過ぎな気もしますが、そんな「この世界も案外捨てたもんじゃない」ってメッセージが伝わってきてぼくは大好きです。


 主人公の過去描写が薄いことについてはちょっともやもやしますが、これは特別語るほどもない、ありふれた、誰にでも思い当たる話だったからじゃないかなーと解釈してます。思春期特有の、将来や自分に対する漠然とした不安、不満などは多くの人が抱いたことがある感情だと思います。親への不満や、島の閉塞感が嫌になって家出をしたのでしょうか。

 そんな、現状への反発として行動を起こした主人公は、ねこねこソフトのファン的には『120円の冬』の主人公を連想させるんですよね。

 

120円の春PC

120円の春PC

 

 

 『120円の冬』は、かつて持っていた万能感を失った主人公が、そんなかつての自分を想起させる少女と出会い、逃避行まがいの旅に付き合うお話で、本作で例えるならば、須賀さんの立場から大人と子供というテーマに向き合える作品なのでおすすめです。

 

 結局、世界よりも陽菜さんを選んだ代償として、雨が降り続けるという結末に落ち着くわけですが、前作のように大団円で全てがハッピーエンドな結末よりも個人的には好きです。当時は『君の名は。』にはわりとご都合主義を感じてましたが、あれは三葉を救った代償に記憶などを失っているので、ちゃんと帳尻は取れていると解釈はできるかもしれません。でも、君の名は。では最後には全てハッピーで〆られてるし、後味って意味では前作と今作はだいぶ変わるかと。

 あとは、主人公が「神様!」ってお願いする場面があるけど、奇跡は起こらないのも監督の信念のようなものが感じられて好きです。『雲のむこう、約束の場所』でも佐由理さんの願いは結局叶わないですし。人間讃歌かなぁ…

f:id:Nanamu:20190720230752j:plain

※てんてーが大昔に作ったげーむのOP

 

 最後に。青臭さとか、少し痼りの残る終わり方とか、前作よりは人を選ぶ作品だったと思いますが、ぼくはかなり好きでした。粗も多かったですが、それを上回る勢いがあったと思います。期間内に、もう一回くらいは見に行きたいですね。

 

 

 

 

オタクくんがガチ恋したヒロイン 2018

 新年早々ですが、「ガチ恋したヒロインの記事でも書くか~」と気軽に呟いたら思いの外リアクションを貰えたので、中の人もモチベが上がって書いてしまいました。よろしければ見ていってくださいませ。

 

※※かりぐらし恋愛、雪子の国、青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない、辺りのこと書いてます。重要なネタバレはないつもりです…つもり※※

 

■新妻ひより

f:id:Nanamu:20190102134155j:plain

 この娘は掛け合いがとにかく楽しいのが特徴です。

 だからこそ、これが「好き」という恋愛感情に昇華するかどうかで議論が絶えないヒロインですが、ぼくとしては全然有りです。

 最近は無条件で養ってくれる母性ヒロインが人気ですが、それとは別ベクトルの、目線を揃えて歩いていけるような関係がぼくは大好きです。


 数ある馬鹿な掛け合いの中でも、破瓜でのシーンは特に印象に残りました。はてなブログさまに消されそうなので画像は省きますが…「変な声だしたら腹パンするからな?」という主人公も主人公ですが、お約束どおり「ぎょええええええええ」と発狂するひよりもひよりで、ここにかりぐらし恋愛の良さのすべてが詰まっていると言ってもよいです。

 純愛エロゲの”初めて”はロマンチックで甘々なものだと思ってましたが、このひよりとのシーンで常識が完全に崩れましたね、良い意味で。


 このように、頭のネジが外れているような印象を受ける彼女ですが、蓋を開けてみると、案外普通の少女だったりします。

 新妻家は、ひよりとその母みよりさんが共に騒がしく、笑いの絶えない家庭ですが、ひよりはシングルマザーの母親が寂しくないように、みよりさんは一人娘のひよりが寂しくないようにと、互いを想い合った結果であり、家族愛に満ち溢れている

 だから主人公と二人きりのときは、普段とは違う大人しい一面を見せてくれたりして、そのギャップにオタクくんは興奮しっぱなしでした。


 ”初めて”では笑いが強かったですが、基本的にえっちのときはかわいいしイチャラブできるので、女の子としての魅力も勿論あります。

 話していて楽しい。自分だけに素の姿を見せてくれる、という恋人ならではの関係性。かわいいし、イチャラブできる。など、恋人として押さえるべき箇所を的確に押さえ、なおかつ突出した部分を持つ彼女は、今なおぼくの心を掴んで離しません。

 

■東雲雪子

f:id:Nanamu:20190102134550j:plain

 正確には2017年出の娘ですが、ぼくがプレイしたのはごく最近なのでセーフということで(?)

 知名度が低そうなので簡単に説明すると、彼女は『雪子の国』という作品のヒロインです。この国シリーズは、よく作り込まれた世界観と引き込まれる優しいシナリオが光る名作群なので、いつかちゃんと紹介記事を書きたいですが、今回は雪子の魅力に絞って書こうと思います。


 雪子ちゃんは主人公のハルタくんとセットな印象が強いです。今年のベストカップルと言われたらこの二人を推すと思います。

 初対面で主人公にゲロをぶっかけるという登場から残念なヒロインでしたが、これは後の伏線でもあるし、これをネタにからかわれる雪子ちゃんとからかうハルタくんのやりとりがとても面白い。

 そんなこともあって、始めは春太くんのことを避けていた雪子ちゃんですが、春太くんが好きだと意識してからの彼女の不器用なアプローチは本当にかわいくて、ドキドキしながら見守ってました。

 だからこそ、ある事情でデートがご破産になったときは悲しかったし、彼女が心配でたまりませんでしたが、そのときの彼女のセリフには心を奪われました。

f:id:Nanamu:20190102134818j:plain

 デートを約束した女の子を放っておいて他の女性の元に行くなんて、普通ならブチ切れてもおかしくない状況ですが、 ハルタくんの、”他の人を置いていけない”性格を解っていたからこそ出るセリフなんですよね。

 彼女のハルタへの理解と、本気で好きであることが伝わってきて、二人は幸せに結ばれてほしいと強く思った瞬間でした。

 その前日のL●NEのやりとりもすごく好きです。

f:id:Nanamu:20190102135005j:plain

 ヒロインとしてはむしろ失格とも思える垢抜けないやりとりがとても好きでした。ひよりもそうだったけど、こういうタイプの娘が好きなんですかね。徐々に自分の好みが分かってきた気がします。

 天狗の彼女と人間の主人公が結ばれるのは簡単ではないけど、二人は幸せになって欲しいです。

 


梓川かえで

f:id:Nanamu:20190102135118j:plain

 彼女はアニメのヒロインで、ここを見てくれてる方はえっちゲーマーさんばかりだと思うので知名度は低そうですが…今年一番の妹と言われたら彼女を推します。

 彼女ほどぼくの心を掴んで、そしてドン底に突き落としたヒロインはいなかったでしょう


 1話目からいきなり兄の布団に潜り込んでくるなど妹として隙がなく、オタクくんの支持を着実に稼いでいく娘でしたが、その真価が発揮されたのは11話でした。

 かえでクエストなる、かえでちゃんが社会復帰するために彼女が考えた作戦を持ってきたのでした。ぼくは「ずっと家にいていいよ」と言ってましたが。

 ともかく、彼女が頑張ると言うのなら、お兄ちゃんとして応援しなければなりません。この作戦がまた微笑ましくて、お兄ちゃんの加護欲をこれでもかと刺激してきます。守護(まも)りてぇ…。

f:id:Nanamu:20190102135321j:plain

 お兄ちゃん以外の人と電話しただけで疲れて倒れてしまうかえでちゃん。key作品のヒロインの死に際のような儚さに、お兄ちゃんの心は完全に奪われてしまった。

 家に引きこもっていた彼女が初めて家の外に出て、嬉しさで泣き崩れるシーンも良かったですね。「謀りましたね、お兄ちゃん!」からの突然泣き崩れてしまうかえでちゃんを抱きとめながら、お兄ちゃんもオンオン泣いてました。よかったね、よかったね、かえでちゃん。

 主人公の彼女である麻衣さんを加えた三人の関係性も大好きでして、無邪気なかえでちゃんとそれに付き合うお兄ちゃん、それを見守る麻衣さんの構図は、控えめにいって無限に見ていられる

 他にも、麻衣さんの手料理を食べたら「ブリがぶりっとしてます!」、麻衣さんの真似をして「フェミニンです!」など、休む暇も与えないかえでちゃんの魅力に溢れている11話は控えめに言って神。

 11話のラストシーンでは本気でショックを受けてしまって、11話をエンドレスリピートしながら無限に泣いてました

 結局、そのままアニメ本編も落ち着いてしまって、お兄ちゃんの心に癒えない痕(きずあと)を残したまま最終話を迎えました。恐らく、全国のお兄ちゃんの心には未だかえでちゃんが住み着いているんだと思います。

 傷心のままコミケに参加しましたが、やっぱり変わりませんね。ふとかえでちゃんのことを思い出しては心を痛めてました。

 今も、かえでちゃんとパンダデートに行く夢を見ては、夜な夜な枕を濡らしており、ぼくの心を抉ったという意味では、今年一番は間違いなく彼女だと思います


 ということで、去年ガチ恋したヒロインとその魅力を書いたつもりです。年々方向性が見えてきてるので、それを意識した作品サーチをしつつ、新たな可能性を模索する一年にしたいですね。今年も良い出会いがありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねこねこソフトの原点 『銀色』

 ブログを開いて初めての投稿ということで、最近何故かよく話題に上がる『銀色』の話をします。

 

※※核心的なネタバレは避けて書いてるつもりですが、些細なネタバレも気に障るという方はブラウザバックしてくださいませ※※

 

 ここで少しねこねこの歴史を振り返っておくと、ねこねこソフトは、代表の片岡ともが運営する、 ステージ☆ななという同人サークルが母体となって生まれました。2000年冬に処女作『White ~セツナサのカケラ~』を発売 。ねこねこの作品は基本的にワゴンに1k以下で転がってますが、このWhiteがワゴンにあるのは見たことないので、この時点でねこねこソフト知名度はまだ低く、あまり売れなかったと思われます。

 このWhiteですが、ファンとして贔屓目に見てもあまり褒めるところがない。ねこねこの源流をその目で確かめたい人向けだと思います 。

 そして同年の夏、『銀色』が発売されます。ねこねこの人気が爆発するのは次作の『みずいろ』からですが、この『銀色』からじわじわとファンを増やしていたらしいです。

 

 前置きが長くなりましたが、本題に入ろうと思います。本作はオムニバス形式であり、全5章(完全版は6章)からなる物語です。「銀糸」と呼ばれる、何でも願いを叶えてくれる銀の糸を巡る、切なくも美しい物語が特徴です。全章語るのは流石に骨が折れるので、今回は1章のみにフォーカスしようと思います。3章なんかはお姉ちゃんがある意味有名なので、ニコニコ動画等で見たことある人もいるかもしれないですね。

 

 1章のシナリオは片岡ともが担当しており、『銀色』という作品自体、全章を通して得られる感動もあるんですが、1章単体で見た場合としても完成度が非常に高く、片岡ともの死生観が最も純粋に反映されていると思うのです。

 特にこのシーン

f:id:Nanamu:20181222175114j:plain

非常に記憶に残っていて、何もせず、閉じた世界に引きこもっていることは、果たして生きていると言えるのか? という片岡ともの生への問いかけが感じられる。「最近、生きる意味を考えている」なんて哲学者さんは、この『銀色』をプレイすれば何か発見があるかもしれません。

 

 現代を生きるエロゲーマー的視点から見ると、この作品はいろいろと凄い。

 この一章のヒロイン(通称 銀子ちゃん)は娼婦でして、開始数クリックで彼女が知らない男に犯されてる場面から始まります

f:id:Nanamu:20181223211743j:plain

この時点で自分はかなり引き込まれたんですが、その後に出てくる主人公も主人公で、盗みを生業とする山賊で、容赦なく人を殺していきます。

 

 そんな少女と男が出会い、共にその日暮らしをしていく。二人の日常がひたすら淡々と描写されます。「眩しかった日のこと、そんな夏の日のこと」というキャッチフレーズの通り、奇跡なんてない徹底した現実描写が特徴であり、これは最新作『ルリのかさね』にも通じるところがあります。

 

もし奇跡と呼ばれるモノが起こるなら、それは0.001%くらいで…
残り99.99%は、やはり残念な結果にしかならないです。

現実は、誰に対しても公平で容赦ないです。

そんな曖昧で頼りなく非情な現実も…

「そう捨てたもんではない」

と、言いたかったのだと思います。
もしくはそう思いたいのかも知れません。

 

MMR日記 ナルキとは? より

 

 後半では、生きた「証」に焦点が当てられます。これはかなりネタバレになるので深く触れるのは控えますが、氏は『narcissu』等でもこのテーマに触れているので、興味を持った方はこちらから始めるのもありだと思います。ナルキッソスはフリーで配布されているし、比較的新しいので。絵がほとんどないサウンドノベルで、非18禁ですが。

 

 『銀色』という作品は、よく商業でこんなの出せたな、と思えるくらい今考えると挑戦的な内容ですが、ぼくにとってはかなり新鮮で心に残った作品でした。ねこねこソフトが気になっているという方は、片岡とも入門としてこの『銀色』に手を付けてみてはいかがでしょうか。また、『ルリのかさね』良かった…ってオタクもその原点に触れてみてはいかがでしょうか。

 

dlsoft.dmm.co.jp